« 迷惑メール関連の書籍と育てゲー型学習フィルタの考察 | トップページ | 迷惑メールフィルタから必要なアドレスを保護する方法 »

プロバイダが提供する迷惑メール対策サービスを利用していますか?

「info@~」で始まる迷惑メールへの対処法について書いた記事にも色々と追記したが、ユーザー側でできる迷惑メール対策にはどんなものがあるのか、今回はプロバイダが提供するサービスを中心に簡単にまとめてみたい。

ユーザー側でできる迷惑対策には大きく分けて二つの方法がある。

  1. プロバイダ等が提供する対策サービスを利用する方法
  2. PC上で動作する対策ソフトやフィルタ機能を利用する方法
いずれも「フィルターを利用する方法」という意味では同じだが、そのフィルターにも幾つかの種類がある。

  1. 手動指定型フィルタ
  2. ブラックリスト方式
    • セキュリティ関連企業やボランティア団体など、迷惑メールのデータを大量に保有している団体がまとめたデータを利用して、迷惑メールと判定されるものはフィルタで弾く。
  3. 学習フィルタ方式
プロバイダが提供するフィルターの場合、大抵は上記のいずれかの方式を採用している。従来は手動指定によるフィルタのみのプロバイダが多かったが、差出人のメールアドレスが毎回違うような迷惑メールが多数派になっていることもあり、最近では複数の方式を併用するプロバイダも増加している。

これらのサービスを選択する場合、自分の環境に合ったものかどうかを確認した上で申し込みをするようにした方がよい。ADSLや光回線などであれば、フィルタを通すと迷惑メールのヘッダに印をつけたりするだけのサービスでも十分役に立つ。このタイプの場合、ヘッダの印をメールソフト上での振り分けに利用する。メールソフト終了時にゴミ箱を空にする設定を利用すれば、ゴミ箱などに振り分けておくだけで自動的に削除することも可能になる。

逆にダイヤルアップ環境やモバイル環境で利用したいような場合、メールサーバ上で迷惑メールフォルダに振り分けられる(=メールソフトで迷惑メールを受信しない)サービスを選択するのがよいだろう。メールサーバ上でフィルタをかけて迷惑メールのヘッダに印を付けるだけのサービスでは通信時間が余計にかかるので、サービス選択時には注意したいところだ。

上記のようなプロバイダ側で学習フィルタやブラックリスト方式のフィルタを提供していない場合、PC側で対策をとる必要が出てくる。学習フィルタ機能を持つソフトやウィルス対策ソフトに付属するような迷惑メール対策機能、メールソフトのフィルタ機能などがそれにあたるが、それについてはまた別途記事にしたい。

※価格.COMのスパムメール(迷惑メール)への対処法の記事にも代表的な各プロバイダのスパムメール対策サービスが一覧になっているが、OCN・DION・ODN・AOLはサーバ側に用意しているのは手動設定型フィルタのみ。学習フィルタやブラックリストを用意していない(AOLは専用ソフト上の学習フィルタを利用)。迷惑メール対策と銘打っている割には貧弱なフィルタしか用意していないJ:COMのような例(手動設定のフィルタが20個は少なすぎ!)もあるので、注意してほしい。

2005年10月13日追記

  • 中国で美容室事業を展開するオーナーBlog:意見聞かせて!にコメントをさせていただいたので、リンク張りとトラックバックを打っておく。多言語環境でのやり取りが前提となる場合、スパム対策は結構ややこしいと思う。単純に文字コードで弾くこともできないし、学習フィルタも多言語に対応していないものはすり抜けが多くなる。学習フィルタとブラックリスト方式が併用できるところでないと厳しいかもしれない。
  • プロバイダ側でフィルタする場合に限らないが、大事なメールは必ず受信するようにしておきたいという人はセーフリストや必着設定などといった機能を利用すべきだ。@niftyのように、Webメールのアドレスブックに登録しているメールアドレスは必ず受信するようになっているのであれば、それを利用してもよいだろう。

2005年10月16日追記

2005年10月23日追記

2005年11月06日追記

  • 45歳+の光と影:ISPのSAPM対策にコメントをさせていただいたので、リンク張りとトラックバックを打っておく。……と思ったら、夜中にココログが重くてトラックバックが打てない!容量を2GBに増強するのは良いが、使えないのでは意味がない。というわけで昼間になってあらためてトラックバックを打ち直し。

|

« 迷惑メール関連の書籍と育てゲー型学習フィルタの考察 | トップページ | 迷惑メールフィルタから必要なアドレスを保護する方法 »

「セキュリティ」カテゴリの記事

「ソフトウェア」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「迷惑メール(スパムメール)対策」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。コメント、トラックバックありがとうございました。ISPで提供されている学習フィルタが意外に効果的ですね。最初の頃は大変だったかも知れないですが。
またよろしくお願いします。

投稿: over45 | 2005/11/08 12:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6679/6213060

この記事へのトラックバック一覧です: プロバイダが提供する迷惑メール対策サービスを利用していますか?:

» 己れの無知を恥ず [雑記帖]
昨日、迷惑メールについてのアドバイスを、コメントないしトラックバックでいただいた [続きを読む]

受信: 2005/10/16 11:30

» 迷惑メールフィルタから必要なアドレスを保護する方法 [データバックアップメモ - extended -]
最近の迷惑メール増加を受け、学習型の迷惑メールフィルタを持つソフトウェアが増えている。学習型の迷惑メールフィルタの場合、迷惑メールと通常メールの両方をある程度まで学習させるとかなりの確率で迷惑メールを振り分けてくれるようになる。しかし、精度が高いとは言っても100%になるわけではないので、全く間違いが無いとは言えない。これは各プロバイダが提供する迷惑メール対策サービスでも同様だ。 そこで、学習レベルが一定のラインまで達したと感じたら(←これ重要!)、必要なメールアドレスを保護するように指定する。... [続きを読む]

受信: 2005/10/16 21:41

« 迷惑メール関連の書籍と育てゲー型学習フィルタの考察 | トップページ | 迷惑メールフィルタから必要なアドレスを保護する方法 »