« プロバイダが提供する迷惑メール対策サービスを利用していますか? | トップページ | パキスタン地震被災者チャリティーコンテンツ »

迷惑メールフィルタから必要なアドレスを保護する方法

最近の迷惑メール増加を受け、学習型の迷惑メールフィルタを持つソフトウェアが増えている。学習型の迷惑メールフィルタの場合、迷惑メールと通常メールの両方をある程度まで学習させるとかなりの確率で迷惑メールを振り分けてくれるようになる。しかし、精度が高いとは言っても100%になるわけではないので、全く間違いが無いとは言えない。これは各プロバイダが提供する迷惑メール対策サービスでも同様だ。

そこで、学習レベルが一定のラインまで達したと感じたら(←これ重要!)、必要なメールアドレスを保護するように指定する。保護されたアドレスは振分けの対象外となり確実に届くようになる。なお、学習レベルがまだ低い状態のときに保護する設定にしてしまうと学習内容に偏りが出てしまうので、くれぐれもある程度の学習レベルに達してから設定するようにしてほしい。

@niftyの迷惑メールフォルダーであれば「アドレスブック」に登録してあるものは振分けの対象外となるので、必要なものはアドレスブックに登録しておいてやればよい。アドレスの数が多くて一括登録したいということであれば、アドレスブックに用意されているインポート・エクスポート機能を利用するのがよいだろう。メールソフトのアドレス帳から書き出したCSV形式のファイルをアドレスブック側で読み込んでやるわけだ。作業の詳細については下記のページを読むとよいだろう。

インポート・エクスポートって何?という向きには下記の記事が参考になる。学習型の迷惑メールフィルタを備えたソフトとしてはPOPFileMozilla Thunderbirdなどが割と有名なので、これらのソフトについても触れておく。

Mozilla Thunderbirdの場合、アドレス帳に登録してあるアドレスを迷惑メールフィルタのプロパティでホワイトリストとすることができるようになっている。アドレス帳に登録さえしてあれば、あとは迷惑メールフィルタのプロパティでホワイトリストとする設定に変更すればOKだ。

POPFileの場合にはマグネットと呼ばれる機能が保護機能として利用できる。こちらも下記の方法で一括登録する事が可能。

  1. メールソフトからアドレス帳のデータをCSV形式でエクスポートする。Outlook Expressの場合、書き出す項目でメールアドレスを選択すればよい。
  2. テキストエディタ表計算ソフトでCSVファイルを開き、メールアドレス部分を全て選択してコピーする。
  3. ブラウザを立ち上げ、POPFileの設定画面を開く。
  4. ブラウザの画面内にある「マグネット」タブを開く。
  5. 「マグネットタイプ」のドロップダウンメニューを押してFromを指定する。
  6. コピーしたメールアドレスを「新規マグネット作成」にある「値」の欄に貼り付ける。
  7. 「分類先のバケツ」のドロップダウンメニューを押し、spam"以外"のバケツを選択する。
  8. 「作成」ボタンをクリックする。
  9. 参考:POPFile: JP UI/Magnets

メールソフトによってはエクスポート機能を使うとメールアドレス以外のデータも一緒に出力されることがある。その場合、出力したファイルからメールアドレスだけ抽出してやる必要がある。

一番簡単なのはMicrosoft Excelなどの表計算ソフトを利用する方法だろう。表計算ソフトならCSVファイルをそのまま開く事ができる。あとはメールアドレスが表示されている列を選択して一括でコピーすればよい。

表計算ソフトが無い場合にはテキストエディタでデータを編集して、メールアドレス以外のデータを削除する必要がある。また、アドレスとアドレスの間にカンマ(,)が入っている場合にも注意が必要。カンマは全て改行コードに置換えてからコピーする必要がある。改行コードへの置き換えはテキストエディタの置換機能を使うと一括で変換できるが、今回の作業にはエスケープシーケンスへの対応が必要になる。Windowsのメモ帳にはこの機能がないので(Windows2000版で確認)、Windowsユーザーは別のソフトを利用する必要がある。Windows用のテキストエディタとして有名なものには秀丸エディタEmEditorなどがある。ちなみにEmEditorはパッケージ販売もなされているようだ。Amazonでの購入もできる。

EmEditor Professional 2004
EmEditor Professional 2004
posted with amazlet on 05.10.16
エムソフト (2004/04/23)
売り上げランキング: 1,282
おすすめ度の平均: 4.8
5 さくさくと軽快
4 シェアウェアのエディタソフトのパッケージ版
5 最高のエディタ


シェアウェアを購入するほどの必要性がないなら、TeraPadなどフリーのテキストエディタを利用すればよいだろう。フリーではあるが、必要十分な機能が揃っているソフトなので、今回の作業には十分だと思う。TeraPadを使いこなしてみたい向きには下記の書籍がお薦めかもしれない。

はじめてのTeraPad
はじめてのTeraPad
posted with amazlet on 05.10.16
中村 昇
工学社 (2004/07)
売り上げランキング: 86,518
おすすめ度の平均: 5
5 ワードよりテキストエディター


改行コードへの置き換えはエスケープシーケンスを有効にした状態で行う。Windows環境なら「,」から「¥n」に置換える(実際は半角英数字で入力すること)。TeraPadでの作業は下記のとおり。

  1. エクスポートしたCSVファイルをTeraPadで開く。
  2. メニューバーから[検索(S)]→[置換(R)]を選ぶ。
  3. 検索する文字列(T)に「,」、置換後の文字列(R)に「¥n」を入力する。
  4. オプションの欄にある「¥n=改行,¥t=TAB,¥¥=¥(E)」のチェックボックスにチェックを入れる(→エスケープシーケンスが有効な状態になる)。
  5. [全て置換]ボタンを押す。
これでカンマのあった部分が改行された状態になっているはずだ。

|

« プロバイダが提供する迷惑メール対策サービスを利用していますか? | トップページ | パキスタン地震被災者チャリティーコンテンツ »

「ソフトウェア」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「迷惑メール(スパムメール)対策」カテゴリの記事

コメント

この度は御丁寧にお知らせ下さりまことに有難うございます。
きちんとしていらっしゃる事に関心すると共に、是非見習いたいと思います。
迷惑メールは当初なくなりましたが、またすぐにいろんなアドレスで届きます。
もう~~いやって感じ!
でも負けないぞっ、いろいろ対処して頑張ります。

投稿: ハッピー探 | 2005/10/18 20:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6679/6423243

この記事へのトラックバック一覧です: 迷惑メールフィルタから必要なアドレスを保護する方法:

» 迷惑メール(スパムメール)対策ソフト Spam Mail Killer [無料ソフトレビュー フリーソフト,フリーウェア]
やっと見つけたお気に入りのスパム(迷惑)メール駆除ソフトSpam Mail Killer 一般にスパムメール(迷惑メール)駆除ソフトの定番としては、Popfileがあげられます。 そのほかにもメールソフト自体をThunderbirdに、変えるという方法も良くあります。 しかし、私個人はそ....... [続きを読む]

受信: 2005/10/19 12:57

» 迷惑メール対策 [だんなの屋根裏部屋]
以前、info@XXXXX.comからのスパムメールに関して、 「迷惑メールどうにかならない」と記事にしたところ、 様々な提案を頂くことが出来ました。 そこで、Kazabanaさんから提案いただいたPOPFileを使ってみました。 これはPC側で迷惑メールかどうかの振り分けを行うフィルタリング機能を有しており、 迷惑メールの件名のヘッダーに[spam]という文字を入れます。 実際の削除はメーラー側での設定になりますが、メーラー側で自動削除設定しておけば、 ほかっておいても問題ありま... [続きを読む]

受信: 2005/10/22 09:53

« プロバイダが提供する迷惑メール対策サービスを利用していますか? | トップページ | パキスタン地震被災者チャリティーコンテンツ »