« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月

info@形式の迷惑メール対処法 Yahoo!メール遍

From:info@形式の迷惑メールについては以前書いた記事でも触れているが、当方がYahoo!メールで取得している無料アカウントにもやって来ていた。今までYahoo!メールでの迷惑メール対処にはPOPFileを利用していたのだが、POPFileでは迷惑メールを受信後に振り分けるので、やはりメールサーバー側である程度フィルタしておかないと相当数の迷惑メールを受信する事になってしまう。Yahoo!メールの無料版では学習フィルタもないので、サーバ側での対処は結構面倒な状況になっていた。

そんな中、最近になってYahoo!メールのヘルプにinfo@形式の迷惑メールについて対処方法が追加されていた。おそらくinfo@型の迷惑メールについて相当数の苦情を受けたのだろう。


追加されたヘルプを見ると、Yahoo!メールでもワイルドカードによる指定が可能になったようだ。From:info@形式の迷惑メールは毎回アドレスのドメイン部分が異なるタイプだったので、今回の仕様追加の影響は結構大きいはずだ。特にYahoo!の場合、フィルターで振分け条件に指定できるのはFrom,To/Cc,件名,本文のみなので、ワイルドカードが使えるようになると相当助かる場面が増えるのではないだろうか。

早速、下記の振り分け条件をフィルタに作成してみた。

  • From:info@*.com
    • 配信先フォルダ:ゴミ箱
  • From:info@*.net
    • 配信先フォルダ:ゴミ箱
また、本文のキーワードを振分け条件に指定する場合でも、ワイルドカードが利用できる。迷惑メールの場合、本文内のURLや返信先アドレスのパターンが同一であることが多い。

例:http://???.example???.com/

例えばドメインの「example」の部分は同一で「???」の部分が毎回変わるといった具合だ。このようにURLの一部が異なるだけであれば、ワイルドカードを利用することでその変化に対処させやすくなる。From:info@形式以外の迷惑メールにも応用が利くので試してみることをお薦めしたい。

※上のexampleは「例」を書くときは example.com を使いましょうにならってみただけ。


ところでYahoo!メールをメールソフトで受信する場合、Yahoo!が用意している迷惑メールフォルダに振り分けられたメールでも何故かメールソフト側では受信させられてしまう。もっとも、迷惑メールを迷惑メールフォルダ以外のフォルダに振分ければメールソフトで受信されることはないので、上記のフィルタで振り分ける場合には振分け先にゴミ箱を指定すればよい。ゴミ箱に振り分けられたメールは自動的に削除されるので、後はほおっておいて問題無い。

ただし、その中に通常メールが紛れ込んでいないかどうかチェックしたいなら、話は別だ。振り分けたメールを保護したいなら、個人フォルダ内に迷惑メール専用のフォルダを作成しておくのがよい。当然自動削除はしてくれないが、時々チェックして通常メールだけを受信箱に再度振り分けて、残りの迷惑メールはゴミ箱に一括で移動しておけばよい。

あとは通常メールのアドレスを振分けルール追加して優先順位を上位に移動しておけば、迷惑メールとして判定される事はないはずだ。

わざわざ専用フォルダを作成しておくのは面倒かもしれないが、メールソフトで受信している場合にも迷惑メールを受信せずに済むので、それなりに意味のある方法だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NETGEAR FA511はAmazonの100MbpsLANカードコーナーで一番売れているらしい。

以前紹介したNETGEAR FA511だが、AmazonのPCカードのランキング100Mbps(ファーストイーサネット)では一番売れているLANカードであるらしい。ランキングを見たところ一番安いのがこのカードなので、当然といえば当然だが。まあ値段もさることながら、色々なOSで使えるというのが一番大きいのではないか。実際、当方のブログ経由でもコンスタントに売れている商品なので、それなりに需要はあるのだろう。

FA511JP 10/100 CardBus NICカード
ネットギア (2003/12/12)
売り上げランキング: 536
おすすめ度の平均: 4.75
5 Linuxでも安定してます
5 Windows 98 マシンでも快適に動作しています。
4 何でこんなに安いの?


そんなNETGEAR FA511関連のブログ記事などを検索してまとめてみた。やはり旧環境を再利用するといった用途で使われる事が多いようだ。LinuxやFreeBSDなどで利用している人もいるようだ。


ところでDOSで利用している人が意外と見当たらないのはDOS利用者が少ないからだろうか。ノートPCにOSをネットワークインストール!のようなことをやる場合には必須なのでそれなりに需要はあるはずなのだが。ネットワークでOSインストールを行うのは難易度が高いのは確かなので、「会社で予算の都合に迫られて」ということでもない限りは選択しないということなのだろう。というわけでDOSでネットワーク接続&ネットワークでOSインストール関連の記事をメモ。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

smashmedia移転。Greasemonkeyなぜか再登録できず。

既に先週のことになるが、smashmediaが移転された模様。移転先はTypePad JapanとのことSix Apartに転職されていたとの事で、その絡みか。

何はともあれ転職&お引越しおめでとうございます。

そういえばココログもTypePadベースだから、一応TypePad同士ということになるのだろうか(ベーシックコースだからあまり使いこなしているとはいいがたいが)。ココログも新TypePadにあわせてそろそろニューバージョンになるようなので、使い勝手の向上に期待したい。


ところでAll Consuming :: ニュース: 各種Greasemonkeyで紹介されているスクリプトだが、ブラウザを入れなおした際に再登録しようと思ったのだが、なぜか登録ができない。ブラウザの再インストール時にGreasemonkeyもバージョンアップしたので、もしかしたらそのせいなのだろうか?以前公開した自前のスクリプトは再登録できたのだけど。うーむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パキスタン地震被災者チャリティーコンテンツ

古河社長のブログでも紹介されているが、@niftyがパキスタン地震被災者支援チャリティーを実施している。

パキスタン地震被災者チャリティーコンテンツ

ブログ右上にリンクバナーを設置したが、リンクバナーの設置方法についてはリンク先に詳細がかかれているので、設置したい人はそちらを参照してほしい。

なお、チャリティーコンテンツの販売は10月31日15:00までを予定しているとの事。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

迷惑メールフィルタから必要なアドレスを保護する方法

最近の迷惑メール増加を受け、学習型の迷惑メールフィルタを持つソフトウェアが増えている。学習型の迷惑メールフィルタの場合、迷惑メールと通常メールの両方をある程度まで学習させるとかなりの確率で迷惑メールを振り分けてくれるようになる。しかし、精度が高いとは言っても100%になるわけではないので、全く間違いが無いとは言えない。これは各プロバイダが提供する迷惑メール対策サービスでも同様だ。

そこで、学習レベルが一定のラインまで達したと感じたら(←これ重要!)、必要なメールアドレスを保護するように指定する。保護されたアドレスは振分けの対象外となり確実に届くようになる。なお、学習レベルがまだ低い状態のときに保護する設定にしてしまうと学習内容に偏りが出てしまうので、くれぐれもある程度の学習レベルに達してから設定するようにしてほしい。

@niftyの迷惑メールフォルダーであれば「アドレスブック」に登録してあるものは振分けの対象外となるので、必要なものはアドレスブックに登録しておいてやればよい。アドレスの数が多くて一括登録したいということであれば、アドレスブックに用意されているインポート・エクスポート機能を利用するのがよいだろう。メールソフトのアドレス帳から書き出したCSV形式のファイルをアドレスブック側で読み込んでやるわけだ。作業の詳細については下記のページを読むとよいだろう。

インポート・エクスポートって何?という向きには下記の記事が参考になる。学習型の迷惑メールフィルタを備えたソフトとしてはPOPFileMozilla Thunderbirdなどが割と有名なので、これらのソフトについても触れておく。

Mozilla Thunderbirdの場合、アドレス帳に登録してあるアドレスを迷惑メールフィルタのプロパティでホワイトリストとすることができるようになっている。アドレス帳に登録さえしてあれば、あとは迷惑メールフィルタのプロパティでホワイトリストとする設定に変更すればOKだ。

POPFileの場合にはマグネットと呼ばれる機能が保護機能として利用できる。こちらも下記の方法で一括登録する事が可能。

  1. メールソフトからアドレス帳のデータをCSV形式でエクスポートする。Outlook Expressの場合、書き出す項目でメールアドレスを選択すればよい。
  2. テキストエディタ表計算ソフトでCSVファイルを開き、メールアドレス部分を全て選択してコピーする。
  3. ブラウザを立ち上げ、POPFileの設定画面を開く。
  4. ブラウザの画面内にある「マグネット」タブを開く。
  5. 「マグネットタイプ」のドロップダウンメニューを押してFromを指定する。
  6. コピーしたメールアドレスを「新規マグネット作成」にある「値」の欄に貼り付ける。
  7. 「分類先のバケツ」のドロップダウンメニューを押し、spam"以外"のバケツを選択する。
  8. 「作成」ボタンをクリックする。
  9. 参考:POPFile: JP UI/Magnets

メールソフトによってはエクスポート機能を使うとメールアドレス以外のデータも一緒に出力されることがある。その場合、出力したファイルからメールアドレスだけ抽出してやる必要がある。

一番簡単なのはMicrosoft Excelなどの表計算ソフトを利用する方法だろう。表計算ソフトならCSVファイルをそのまま開く事ができる。あとはメールアドレスが表示されている列を選択して一括でコピーすればよい。

表計算ソフトが無い場合にはテキストエディタでデータを編集して、メールアドレス以外のデータを削除する必要がある。また、アドレスとアドレスの間にカンマ(,)が入っている場合にも注意が必要。カンマは全て改行コードに置換えてからコピーする必要がある。改行コードへの置き換えはテキストエディタの置換機能を使うと一括で変換できるが、今回の作業にはエスケープシーケンスへの対応が必要になる。Windowsのメモ帳にはこの機能がないので(Windows2000版で確認)、Windowsユーザーは別のソフトを利用する必要がある。Windows用のテキストエディタとして有名なものには秀丸エディタEmEditorなどがある。ちなみにEmEditorはパッケージ販売もなされているようだ。Amazonでの購入もできる。

EmEditor Professional 2004
EmEditor Professional 2004
posted with amazlet on 05.10.16
エムソフト (2004/04/23)
売り上げランキング: 1,282
おすすめ度の平均: 4.8
5 さくさくと軽快
4 シェアウェアのエディタソフトのパッケージ版
5 最高のエディタ


シェアウェアを購入するほどの必要性がないなら、TeraPadなどフリーのテキストエディタを利用すればよいだろう。フリーではあるが、必要十分な機能が揃っているソフトなので、今回の作業には十分だと思う。TeraPadを使いこなしてみたい向きには下記の書籍がお薦めかもしれない。

はじめてのTeraPad
はじめてのTeraPad
posted with amazlet on 05.10.16
中村 昇
工学社 (2004/07)
売り上げランキング: 86,518
おすすめ度の平均: 5
5 ワードよりテキストエディター


改行コードへの置き換えはエスケープシーケンスを有効にした状態で行う。Windows環境なら「,」から「¥n」に置換える(実際は半角英数字で入力すること)。TeraPadでの作業は下記のとおり。

  1. エクスポートしたCSVファイルをTeraPadで開く。
  2. メニューバーから[検索(S)]→[置換(R)]を選ぶ。
  3. 検索する文字列(T)に「,」、置換後の文字列(R)に「¥n」を入力する。
  4. オプションの欄にある「¥n=改行,¥t=TAB,¥¥=¥(E)」のチェックボックスにチェックを入れる(→エスケープシーケンスが有効な状態になる)。
  5. [全て置換]ボタンを押す。
これでカンマのあった部分が改行された状態になっているはずだ。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

プロバイダが提供する迷惑メール対策サービスを利用していますか?

「info@~」で始まる迷惑メールへの対処法について書いた記事にも色々と追記したが、ユーザー側でできる迷惑メール対策にはどんなものがあるのか、今回はプロバイダが提供するサービスを中心に簡単にまとめてみたい。

ユーザー側でできる迷惑対策には大きく分けて二つの方法がある。

  1. プロバイダ等が提供する対策サービスを利用する方法
  2. PC上で動作する対策ソフトやフィルタ機能を利用する方法
いずれも「フィルターを利用する方法」という意味では同じだが、そのフィルターにも幾つかの種類がある。

  1. 手動指定型フィルタ
  2. ブラックリスト方式
    • セキュリティ関連企業やボランティア団体など、迷惑メールのデータを大量に保有している団体がまとめたデータを利用して、迷惑メールと判定されるものはフィルタで弾く。
  3. 学習フィルタ方式
プロバイダが提供するフィルターの場合、大抵は上記のいずれかの方式を採用している。従来は手動指定によるフィルタのみのプロバイダが多かったが、差出人のメールアドレスが毎回違うような迷惑メールが多数派になっていることもあり、最近では複数の方式を併用するプロバイダも増加している。

これらのサービスを選択する場合、自分の環境に合ったものかどうかを確認した上で申し込みをするようにした方がよい。ADSLや光回線などであれば、フィルタを通すと迷惑メールのヘッダに印をつけたりするだけのサービスでも十分役に立つ。このタイプの場合、ヘッダの印をメールソフト上での振り分けに利用する。メールソフト終了時にゴミ箱を空にする設定を利用すれば、ゴミ箱などに振り分けておくだけで自動的に削除することも可能になる。

逆にダイヤルアップ環境やモバイル環境で利用したいような場合、メールサーバ上で迷惑メールフォルダに振り分けられる(=メールソフトで迷惑メールを受信しない)サービスを選択するのがよいだろう。メールサーバ上でフィルタをかけて迷惑メールのヘッダに印を付けるだけのサービスでは通信時間が余計にかかるので、サービス選択時には注意したいところだ。

上記のようなプロバイダ側で学習フィルタやブラックリスト方式のフィルタを提供していない場合、PC側で対策をとる必要が出てくる。学習フィルタ機能を持つソフトやウィルス対策ソフトに付属するような迷惑メール対策機能、メールソフトのフィルタ機能などがそれにあたるが、それについてはまた別途記事にしたい。

※価格.COMのスパムメール(迷惑メール)への対処法の記事にも代表的な各プロバイダのスパムメール対策サービスが一覧になっているが、OCN・DION・ODN・AOLはサーバ側に用意しているのは手動設定型フィルタのみ。学習フィルタやブラックリストを用意していない(AOLは専用ソフト上の学習フィルタを利用)。迷惑メール対策と銘打っている割には貧弱なフィルタしか用意していないJ:COMのような例(手動設定のフィルタが20個は少なすぎ!)もあるので、注意してほしい。

2005年10月13日追記

  • 中国で美容室事業を展開するオーナーBlog:意見聞かせて!にコメントをさせていただいたので、リンク張りとトラックバックを打っておく。多言語環境でのやり取りが前提となる場合、スパム対策は結構ややこしいと思う。単純に文字コードで弾くこともできないし、学習フィルタも多言語に対応していないものはすり抜けが多くなる。学習フィルタとブラックリスト方式が併用できるところでないと厳しいかもしれない。
  • プロバイダ側でフィルタする場合に限らないが、大事なメールは必ず受信するようにしておきたいという人はセーフリストや必着設定などといった機能を利用すべきだ。@niftyのように、Webメールのアドレスブックに登録しているメールアドレスは必ず受信するようになっているのであれば、それを利用してもよいだろう。

2005年10月16日追記

2005年10月23日追記

2005年11月06日追記

  • 45歳+の光と影:ISPのSAPM対策にコメントをさせていただいたので、リンク張りとトラックバックを打っておく。……と思ったら、夜中にココログが重くてトラックバックが打てない!容量を2GBに増強するのは良いが、使えないのでは意味がない。というわけで昼間になってあらためてトラックバックを打ち直し。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

迷惑メール関連の書籍と育てゲー型学習フィルタの考察

迷惑メール関連の書籍についての紹介。

まずは「迷惑メール・スパイウェアの撃退法!―情報の盗難・ウイルス・詐欺から身を守る」から。

セキュリティ全般の知識を一通り紹介してくれている良書。迷惑メールやスパイウェアに代表されるインターネットの危険に対し、どう対処すべきなのかを詳細に解説している。迷惑メール対策については、メールソフトのフィルタ機能を用いたフィルタリングの設定(Outlook Express / Outlook / Becky!)や、迷惑メールフィルター(Mozilla Thunderbird)の紹介、プロバイダによる迷惑メール対策などが紹介がされている。

個人的な不満としては、POPFileが紹介されていない、プロバイダの迷惑メール対策サービスについての情報が不足(各サービスの紹介や個別のサービスの違いがもう少し載っていてほしい)、Becky!のフィルタ機能を使う場合に役立つ正規表現の機能について触れられていない、POP/SMTP over SSLやAPOPに対応するメールソフト一覧にMozilla Thunderbirdが書かれていない(実際には対応済)、Internet Explorer中心でFirefoxなど他のブラウザが紹介されていない、といった点が挙げられるが、初心者にとっては必要十分な知識が書かれているので、セキュリティの知識が不足している人にお薦めしたい。

迷惑メール・スパイウェアの撃退法!―情報の盗難・ウイルス・詐欺から身を守る
持丸 浩二郎
シーアンドアール研究所 (2005/08/19)
売り上げランキング: 18,889
おすすめ度の平均: 5
5 ネットトラブルの指南書


次は「インターネット&メール逆引き便利帖」。こちらにはPOPFileのインストール手順・設定手順が簡単な解説とともに掲載されている(ただしWindows版のみ)。この書籍もそうだが、市販の書籍でPOPFileの詳細な解説をあまり見かけないのは何故なのだろうか?そのフィルタ精度の高さから考えても、POPFileをもう少し詳しく解説している書籍が出てきてよいように思えるのだが。

インターネット&メール逆引き便利帖
ユニゾン
ソシム (2004/11)
売り上げランキング: 283,700


スパマーを追いかけろ―スパムメールビジネスの裏側」はまだ読んでいないので紹介のみ。カスタマーレビューにスパマーは十代が多いらしい事が書いてあるのだが、十代で人生を食いつぶす必要など何も無いのに、と思ったり。

スパマーを追いかけろ―スパムメールビジネスの裏側
ブライアン・マクウィリアムス 夏目 大
オライリー・ジャパン (2005/06)
売り上げランキング: 14,555
おすすめ度の平均: 4.5
5 スパマーの本質がわかる
4 最近スパマー事情をディープに語られる


パソコン・携帯電話ユーザーのための迷惑メール撃退法も中身はまだ未確認。

パソコン・携帯電話ユーザーのための迷惑メール撃退法
鳥羽 賢
エムディエヌコーポレーション (2004/05)
売り上げランキング: 217,191
おすすめ度の平均: 5
5 あきらめる前にこれを読もう


最後は「こんなメール必要ない!スパムメール大賞(仮)」。こちらはただいま予約受付中の書籍。筆者は、ミュージシャン・作詞家・プロデューサーと色々な顔を持つ、サエキけんぞう氏。サエキけんぞう氏はサエキけんぞうのsaekingdom.comのほか、ヤプログでブログも運営しているポッドキャストもあるようだ(リンク先の写真は番組ゲストの中島ひな氏関連記事もある模様)。

ところで、ポッドキャストで迷惑メール対策について話したりしないのだろうか?学習フィルタなんて一種の育てゲーと言えなくもないので、そういう視点から解説してもらえたら良いのではないかと思ったりもする。

こんなメール必要ない!スパムメール大賞(仮)
サエキ けんぞう
辰巳出版 (2005/11/15)


話は脱線するが、迷惑メールフィルターそのものが育てゲー、というメールソフトは出てこないのだろうか?

そんな機能を取り入れそうなメールソフトといえばやはりポストペットではないだろうか?(ポストペットのメールそのものが迷惑だ、という話はこの際置いておく)。クマが迷惑メールを振り分ける度に頭を撫でてやるとフィルターがより賢くなる、なんてのは意外と受けるかもしれない。ただ、クマを殴ってばかりだとフィルターも恐ろしい結果をもたらしそうではあるが。

PostPet V3 for Windows (説明扉付きスリムパッケージ版)
ソースネクスト (2005/05/20)
売り上げランキング: 774
おすすめ度の平均: 5
5 いい!!
5 はまります


ポストペット以外にはたまごっちを模したメールソフトなどもありえるだろう。たまごっちは元祖育てゲーでもあるわけだし、作ってくる可能性はありそうな気がする。

ケータイかいツー!たまごっちプラス赤いシリーズ ナチュラルほわいと
バンダイ
おすすめ度の平均: 5
5 繰り返し遊べそうな予感が


あるいは組み込みやすさを考慮してウィルスキラー北斗の拳(あれはアンチウィルスソフトだが)あたりか?韓国や中国系企業なら本当に作りそうな。キャッチフレーズは「迷惑メールを振り分ける度に、北斗百裂拳が唸りを挙げる!」か?そうなったらそうで五月蝿そうな気もする…。

eプライスシリーズ ウイルスキラー 北斗の拳 2005
イーフロンティア (2005/02/25)
売り上げランキング: 2,663
おすすめ度の平均: 2.33
1 安いが一番♪
1 サーバーが長期間止まってます
5 優良セキュリティソフト!


いずれにしてもソフトを使う事自体がチャレンジャーなソフトばかりな気がするのは気のせいだろうか。まあ遊びで入れるならそれもよいのかもしれないが、こんなソフトを実際開発する側となったら大変だ…。でも、出たら出たで買ってしまいそうな気がするのは何故なのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »