« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月

ブログのデザインを変えてみた。

ココログのリッチテンプレート一覧に新しいデザインが出ていたので、当ブログもデザインを変えてみることにした。@nifty:ブログ:ココログデザイン:レシピ

リンク部分がピンク・赤系なので、リンクが多い記事だとちょっと見づらいかもしれないが、とりあえずこれで行ってみることにする。

2005年10月7日追記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Opera、永久に無料化

Opera Software ASAのタブブラウザであるOperaが完全に無料化された。以前書いた記事では一日だけの無料ライセンス供与が実施されたことを書いたが、スラッシュドットジャパンなどではライセンス供与は無料化に向けた布石ではないかとの指摘もあったので、今回それが現実化したことになる。

Opera、無料版の広告掲載を取りやめ--ライブドアはパッケージを回収 - CNET Japan
窓の杜 - 【NEWS】Opera Software ASA、タブ切り換え型Webブラウザー「Opera」を永久に無料化
Opera、ライセンス料を無料化
スラッシュドット ジャパン | Opera無償版の広告バナーが廃止に

というわけで、Operaアフリエイトへのリンクも無意味になってしまったので、とりあえずバナーはOpera Japanへのリンクに変更しておく。なお、現時点では無料化されたバージョン8.5日本語版がダウンロードできるが、記事を書いている時点では本家のサイトからダウンロードできるだけであった。

しかし、こうなってくるとInternet Explorerが「独り負け」の状況に拍車がかかってくるわけで、MSもうかうかしていられなくなってくるのではないだろうか。ブラウザ選択の時代を読み解く必要がますます増してきたといえそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラウザ選択の時代を読み解く

オライリー・ジャパンから「ブラウザ選択の時代を読み解く」が発売された。まだ書籍は読んでいないが、翻訳者の一人であるえむもじらの江村氏によると、翻訳ではあるが日本語版で新たに書き下ろした部分もかなりあるようだ。

原書は「Don't Click On The Blue e!: Switching to Firefox」とのことなので、「(デスクトップ上の)青いE(=Internet Explorer)をクリックするな!Firefoxにスイッチせよ」といったところか。翻訳本となっているが、3章で構成されるうち、2章は書き下ろしとなっているとの事。

ブラウザ選択の時代を読み解く
Scott Granneman 江村 秀之 甲府方 重信 小沢 英裕 山口 悟
オライリー・ジャパン (2005/09/15)


Maskinのデジタル最前線:ブラウザ選択の時代を読み解くより。

技術書というよりは、社会派ジャーナリストが書くようなテーマですね。(もしくは私のような立場にいる人間が積極的に書かなければならないのかもしれません)是非読んで、このブログでもレビューをしてみたいと 思います。

多様な環境を認めることこそ自由への入り口だと信じる人にとって、Firefoxのようなオープンソースブラウザは天からの授かり物のように感じるのかもしれない。ブラウザやその他ソフトがMSの呪縛から解かれることによって現れる世界とは一体どんな世界なのか。その方向性を指し示すことが重要な時期に来ているように思う。

その意味ではあえてタイトルを「ブラウザ選択の時代を読み解く」にしたことは大きな意味を持つはずだ。日本においてのティッピング・ポイントを現す書籍になるような気がする。


ところで、AOLがTime WarnerからMSに売却されるという話が出ているようだAOLはMozilla Foundation設立時に多くの人と金を出している。MSに売却されたら、Firefoxにも影響がありそうな気がするが、その辺りがどうなるのかが気になる。どうせなら、Googleに買収されると良いのだが、一体どうなるのだろうか?その辺りの解説も含めた記事を書いていただけると、Firefoxユーザーとしては非常にありがたい。


※ティッピング・ポイントについては「ティッピング・ポイント―いかにして「小さな変化」が「大きな変化」を生み出すか」を読むとよいだろう。

ティッピング・ポイント―いかにして「小さな変化」が「大きな変化」を生み出すか
マルコム グラッドウェル Malcolm Gladwell 高橋 啓
飛鳥新社 (2000/02)
売り上げランキング: 18,556
おすすめ度の平均: 4.14
3 紹介されてる逸話は面白いのだが...
4 読み方を変えた方が良いです
5 バイラルマーケティングの原理

2005年9月20日追記

  • Amazonで「ブラウザ選択の時代を読み解く」の表紙画像が参照できるようになっていたので画像を入れ替えてみた。表紙に直立する風太君的な画像を持ってくるとはオライリー・ジャパンもなかなかのチャレンジャーだ。「直立するレッサーパンダ風太くんを作ろう!(ダウンロードは12月11日までの期間限定)」とセットで販売すればきっと売れるに違いない(そういう問題か?)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

Mozilla Firefox 用 Google Blog Search 検索プラグイン


既にCNET Japanの記事などでご存知の方も多いかと思うが、Googleがブログ検索サービスのベータ版を公開した。早速使ってみたが、Googleだけに動きも軽いしデータの更新も結構早いようだ。既に常用しそうな雰囲気である。

というわけで、Firefox用のGoogle Blog Search 検索プラグインを作ってみた。種類はスコア順と日時順の二つのみ(いずれも日本語のブログが対象)。

※ワンクリックでのインストールがうまくいかない方は手動で以下のファイルを¥Mozilla firefox以下にあるsearchpluginフォルダにコピーしてインストールしてほしい(コピー後に再起動が必要)。

今回は日本語のブログを検索対象としたので、その他の言語も検索対象にしたい場合にはインストールしてからテキストエディタでSRCファイルを開き、「lang_ja」が含まれる行を変更するか削除して保存してほしい。

なお、現時点のGoogle Blog Searchではブラウザのユーザーエージェントをgoogleに通知しないと日本語による検索結果が文字化けする。ブラウザやパーソナルファイアーウォールソフトなどでユーザーエージェントを通知しない設定にしている人は設定を変更するようにしてほしい。

その他の検索用プラグインについては以前紹介した記事を参照してほしい。


2005年9月16日追記

| | コメント (0) | トラックバック (2)

防災習慣を身に付けたい人に。

トラックバック野郎の記事からたどって来た人も多いと思うが、防災関係の本でよいと思われるものを発見したので記事にしておく。前回の防災関連の記事では書籍としてワールドムック マグニチュード手帳 改訂版を紹介したが、マグニチュード手帳はどちらかというと物の情報が中心の本である。

今回読んだ「大震災これなら生き残れる―家族と自分を守る防災マニュアル」は防災アドバイザーの方が書かれただけあって、その内容も非常に実践的。

「地震のときに机の下に隠れるのは間違いである」といった、普段私達が考えている地震対策の常識の間違いについての指摘など、大きな震災に遭ったことの無い人にとって「え?!そうだったの!」と驚く指摘も多く、非常にためになる。また、阪神淡路大震災・新潟中越地震・スマトラ島沖地震などで実際にあったが、ニュースなどでは報道されにくかった出来事の話など、最近の震災の実例を中心に心構えや対処法を詳しく解説している。

さらに巻末には防災チェックシートなども用意されており、実際の震災対策にも使える内容となっている。堅苦しいばかりでもなく、面白い防災マンガなどもちりばめてあり、読みやすい内容となっている。子供からお年寄りまで万人向けの書籍だが、特に女性が家族にいる方や一人暮らしの人にお薦めしたい。

大震災これなら生き残れる―家族と自分を守る防災マニュアル
山村 武彦
朝日新聞社 (2005/02)
売り上げランキング: 1,060
おすすめ度の平均: 5
5 “備えあれば憂えなし”

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「info@~」で始まる迷惑メールへの対処法 in @nifty

以前書いた記事でも言及しているが、迷惑メール対策として@niftyが提供している「迷惑メールフォルダー」という迷惑メール対策サービスを使っている。この迷惑メール対策サービス、以前は日本語の迷惑メールに対して無力だったのだが、6月に@niftyが追加したSymantec Brightmail AntiSpamのおかげで日本語迷惑メールに対しても機能するようになった。ところが、8月になって増えだした「From:info@~」で始まる日本語の迷惑メールはBrightmail AntiSpamの基本フィルタもすり抜けてくるではないか!

迷惑メールフォルダーがダメなら個別指定のフィルタで対処するしかない。というわけで、@niftyが提供する「スパムメールブロック」を利用して「info@~」の迷惑メールに対処する事にした。

「スパムメールブロック」ではフィルタ設定の機能が8月に強化された。具体的には、メールヘッダー全体がフィルタの対象になり、任意のヘッダが追加できるようになった。また、「ワイルドカード」と呼ばれる機能も追加されている。ワイルドカードでは、「*」が任意の長さの任意の文字を、「?」が任意の1文字を意味する。今回はそれを利用して「info@~」ではじまる迷惑メールをブロックすることにした。

ただ、このワイルドカードによる指定をFromにそのまま適用してしまったのでは、必要なメールまでブロックしてしまいかねない。おまけに「info@~」の迷惑メールでは@の後ろが毎回違うので、個別のアドレスで拒否指定しても無意味である。何らかの工夫が必要になる。

改めて「info@~」迷惑メールに関する情報を調べてみたが、メールヘッダのReceivedに記録される送信元のIPアドレスも頻繁に変わっていた。IPドメインサーチ等を使って調べてみたが、韓国や中国のレンタルサーバなどを大量に使っているようだ。知人が海外からメールを送らないとも限らないので、できれば国ごと全部拒否するのは避けたい。

さらに「info@~」系の迷惑メールでは、メールヘッダのReturn-Pathにも「info@mail.~.com(または.net)」と追加されているようだ。本来、Return-Pathは受信サーバで付けられるものらしいので、Return-Pathも偽装の対象のはずだ。が、何故かここはパターンが変わっていない。

そこでスパムメールブロックのヘッダの種類にReturn-Pathを追加して、ワイルドカードで「info@mail.*.com」「info@mail.*.net」と指定してみた。これでReturn-Pathに「info@mail.~」が含まれるものを迷惑メールフォルダに振り分けるようになるはずだ。とりあえずパターンを変えられるまでの対処療法でしかないが、やらないよりはましだろう。

あとはReceived:にある個別のIPアドレスを指定していくのが常道だが、その辺りのやり方はぞうさんちv3の記事が参考になる(スパムメールブロック設定スパムメールブロック設定 2005-08-09を参照)。

ちなみに、Yahoo!で取得したメールアドレスにも「info@~」の迷惑メールは来ているが、こちらは以前書いた記事で紹介したPOPFileで対処している。POPFileの場合、「info@~」の迷惑メールはほとんどが検出されている。どうやら日本語迷惑メールに対する検出率はPOPFileの方が高いようだ。@niftyの迷惑メールフォルダーも、日本語メールに対する学習フィルタの精度を上げる余地がまだあるように感じた。


2005年09月12日追記:

2005年09月12日追記

  • R SATO Weblog: 迷惑メール対策(※リンク先はGoogleキャッシュ)によると、「ヘッダ Return-Path に info@mail. を含む」は巧くいかないらしい。えー。じゃあこの記事の意味は半減?

2005年09月12日追記

2005年09月13日追記

  • 「info@~」形式のメールで気がついたのだが、ココログ加入者向けのメールマガジンであるココログマガジン(リンク先はココログスタッフからのお知らせルーム)の差出人アドレスがこの形式に変わっているようだ(正確には「nifty-info@~」の形式。)。9月号から変わったようだが、何故今の時期に変えたのだろう?あちこちのブログを回ってみた限りでの感想だが、From:info@mail.*.comでフィルタリングして捨ててしまっている人が結構いるように思う。いまからでも形式を変更したほうがいいのではないだろうか?

2005年09月18日追記

  • 同じようなフィルタ指定をしている人を発見。→Tetsuya Kitahata: 迷惑メール:info@mail.*.com Becky! の正規表現ならもう少し細かい指定も可能かもしれない(Return-Path以外のデータと組み合わせるとか)。

2005年09月18日追記

  • 記事にコメントをさせていただいたのでリンク張りとトラックバックを打っておく→Matimulog: 最近のspam

2005年09月20日追記

2005年09月21日追記

  • 今日のEnn…:へんなメールにコメントをさせていただいたのでリンク張りとトラックバックを打っておく。ちなみに当方のアドレス(@niftyのもの)には一月で1500~2000通程度の迷惑メールが来ている。対策サービスが提供されていなければ悲惨な事になるところである。

  • HsbtDiary - 最近のSPAMの傾向 , しおれサボテンにて、当記事を紹介していただいている記事を発見したのでお礼もかねてリンク張りとトラックバックを打っておく。@niftyの学習フィルタが日本語迷惑メールにまだ弱いことについては後日また改めて書いてみたい。

2005年09月22日追記

2005年09月23日追記

2005年09月25日追記

  • pinokoのだらだら日記: 日曜も終わり。にコメントをさせていただいたので、リンク張りとトラックバックを打っておく。迷惑メールフォルダーはメール転送を設定してある場合にも有効。


2005年09月27日追記

  • 気まぐれ日記: 迷惑メールにコメントをさせていただいたので、リンク張りとトラックバックを打っておく。上の方で出てきた同じタイトルのブログとは別のサイトの模様。
  • めーわくめーる|*はなうたまじりに考えたにコメントをさせていただいたので、リンク張りとトラックバックを打っておく。迷惑メールは自動生成されたアドレスに手当たり次第に送信されてくるので、公開されていないアドレスでも届く場合がある。
  • 姫ちゃんと一緒♪: 困ってること。。にコメントをさせていただいたので、リンク張りとトラックバックを打っておく。

2005年09月29日追記

  • 「(新)極私的視点」ブログ: セキュリティソフト 2にコメントをさせていただいたので、リンク張りとトラックバックを打っておく。biglobeの場合、メールサーバ上の迷惑メールフォルダに振り分けておいてメールソフトでは受信しないようにするには追加料金が必要となる模様。追加料金を払うと、迷惑メールに振り分けたメールのタイトル一覧がメールで通知される機能が利用できるのは便利だと思う。もっとも、各所のブログを見ているとこの追加料金に腹を立てているbiglobeユーザーは結構多いようだ(そりゃそうだ、メールソフトで受信しないようにするだけのために追加料金を払わされているようなものなのだから)。その意味では、仮に@niftyが同じ機能(タイトル一覧がメールで通知される機能)を実現するならば、追加料金なしで実現する必要があるのではないだろうか。
  • YUMENOKI: メールのフィルタリングにコメントをさせていただいたので、リンク張りとトラックバックを打っておく。
  • 天花統一: 最近のSPAMメイルにコメントをさせていただいたので、リンク張りとトラックバックを打っておく。

2005年10月01日追記

  • 上海蟹は前に歩く [ブログ]:スパムメールにコメントをさせていただいたので、リンク張りとトラックバックを打っておく。モバイル環境の場合、メールサーバ側での対策が最重要なので、それができていない環境だとかなり辛い事になるかと思う。

2005年10月02日追記

2005年10月06日追記

2005年10月09日追記


2005年10月10日追記

2005年10月16日追記

  • 雑記帖: ニフティはなめられているのか?にコメントをさせていただいたので、リンク張りとトラックバックを打っておく。学習フィルタですり抜けが発生する場合、一度学習内容をリセットしてから再度迷惑メールを学習させると改善する場合がある。学習フィルタ方式の場合、一気に学習させる事もできるので、迷惑メールフォルダーに大量のメールが保存されている場合には試してみるのも一つの手である。

| | コメント (19) | トラックバック (8)

Mozilla Firefox用RSSリーダー Sage の検索窓にRSS検索エンジンを追加する方法その二

Firefoxの拡張機能であるSageに自分が使いたいRSS検索エンジンを追加する方法についてのメモ。以前書いた記事で既出だが、一部使えなくなっている検索エンジンがあるので入替を行ってみた。やり方については以前の方法と同じなので詳細はそちらを参照の事。

外したもの

  • feedback(使用不可につき削除)
  • blogWatcher(1.0)(バージョンアップにつき改定)
  • 未来検索livedoor(使用時動作が重いので削除)

追加したもの

編集し直したsearchEngine.rdfのテキストファイルにリンクをしておく。なお、使用時には拡張子の.txtを外して.rdfだけにしてから圧縮してほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »