« Mozilla Firefox 1.0.6日本語版リリース | トップページ | ブログが動かす?総選挙 »

アマゾンの防災コーナーで買える、携帯充電機能付の手回し充電対応ラジオライト。

最近の防災グッズでよく見かけるものに携帯電話を充電する為の機材がある。避難所などで長期避難をするような場合、携帯電話が重要な連絡手段になることは既に新潟や福岡の地震で証明されているので、こういった機材は今後ますます必需品となるだろう。

そんな傾向を反映してか、Amazonにも 防災グッズのページができているらしい(ネタ元:[N] Amazon 防災グッズ)。

というわけで、さっそく防災グッズのページで充電用の機材を探してみた。TVニュースやジャパネットたかたなどで紹介されて有名になった手回し充電たまごが紹介されている。やはりアマゾンでも売れ筋商品になっているようだ。

当方も早速購入を、と思ったのだが、その前に同様の機能を持った製品はないか検索してみた。すると、手回し充電たまごのほかに、防水機能などが加えられた東芝エルイートレーディングキュートビート株式会社ヤマタニダイナモ防滴トーチラジオ "D"などを見つけた。

災害時には屋外に避難することも考慮しておかなければならないので、防水設計は非常にありがたい。これらの製品は防水対応の他、乾電池での使用も可能になっている(手回し充電たまごは自力で手回し充電しないと使えない)など、細かい部分でも使い勝手が良くなっているようだ。

ダイナモ防滴トーチラジオ "D"では乾電池での利用のほかにAC/DCアダプター(別売)での利用も可能になっている。キュートビートはイヤホン端子を内蔵しているほか、赤と白の二色が用意されている。イヤホン端子は避難所生活を考えると必須なので、その点ではキュートビートの方がよいかもしれない。サイズはダイナモ防滴トーチラジオ "D"が105×50×100mmであるのに対して、キュートビートは幅115×高さ77×奥行55mmとなっている。キュートビートの方がサイズが小さい分、多少持ち歩きやすいかもしれない。価格はいずれも手回し充電たまごより安いので、気に入ったほうを購入すればよいだろう。

無印良品ネットストアの防災セットに入っている充電ラジオはキュートビートのようだ。

TOSHIBA 充電ラジオ TY-JR10-W
東芝
売り上げランキング: 59
おすすめ度の平均: 4.4
5 自分でグルグル発電して使うって、本当に楽しい
5 旅行に最適
4 防水ライトに警報機機能


TOSHIBA 充電ラジオ TY-JR10-R
東芝
売り上げランキング: 180
おすすめ度の平均: 4.33
4 普段も使いたくなる
5 結構、音もよい
4 小さくて良いよ



太知 手回し充電たまご 手回しラジオ   MG-119S
太知ホールディングス (2004/04/21)
売り上げランキング: 100
おすすめ度の平均: 3.67
3 1つあったら便利
5 結構長持ちします。
3 コンパクトです


ヤマタニでは、自動車からの緊急脱出用時に利用できるダイナモラジオライト "エスケープ"や、太陽電池を内蔵しているマルチパワーステーションなど、手回し充電機能対応のラジオライトを他にもいくつか製造している。


ヤマタニ ダイナモラジオライト エスケープ 5708N
ヤマタニ
売り上げランキング: 2,020


ただ、マルチパワーステーションはお姫様の耳はロバの耳: 防災グッズ大丈夫だっけ?での

「とにかくでかいっ!当然、ウエストポーチにはおさまるはずもなく、これを持って逃げるところを想像するとちょっとぞって感じでした。」
という評価やsomething about 2005: 貧相な仕上げでの指摘、防災:明日は我が身: マルチパワーステーションでのテスト結果などを見ると、万人向けとはいえないのかもしれない。とはいえ、そのデザインと多機能性はやはり魅力的。「日頃使っているものが、いざというとき防災グッズに変身する」というコンセプトは「使おうと思ったら故障していた」を防ぐという意味において非常に的を得ていると思うので、後継製品をもう少しきっちりと作りこんでくると評価も変わるのではないだろうか。

※マルチパワーステーションは現在アマゾンで販売されていない模様。


東芝やヤマタニ以外の製品にもいろいろあるようだ。カカクコムの災害時に役立ちそうな、発電ラジオ&ライト特集でも各メーカーの様々な製品が紹介されている。その他には手動携帯充電器 レスQ隊など携帯性の高い製品もあるので、自分にあったものを選択するようにしたい。


もっとも、地震の場合は充電器さえあればいいというわけでもない。とりあえずとっかかりとしてワールドムック マグニチュード手帳 改訂版でも読んで、必要なものをチェックしておくといいかもしれない。

ワールドムック マグニチュード手帳 改訂版

ワールドフォトプレス (2004/12/08)
売り上げランキング: 69,858
おすすめ度の平均: 5
5 自治会全世帯に1冊
5 お役立ち本!!
5 非常袋に一冊


2005年8月6日追記:


2005年8月20日追記

2005年8月21日追記

  • TY-JR10について、興味と妄想: 感動的に便利(泣)(日記・雑記)では
    ハンドルを回しっぱなしで充電、もしくは、本体の充電池から電源を供給して携帯を使う。
    と書かれているが、メーカーの商品説明ページには「※乾電池では携帯電話への充電はできません。」とある。当方も当初は電池で充電できるものと勘違いしていた口なのだが、携帯電話の充電に関しては手回し充電たまごと同様手回し充電のみとなる。

  • 乾電池からの充電はユーザーニーズとしてはあると思うが、電池からの充電の場合、携帯メーカー保証外の行為となる。東芝は携帯電話も製造しているので、その辺りは仕方がないのかもしれない。

2005年8月22日追記

  • 興味と妄想: 感動的に便利(泣)(日記・雑記)のコメントで
    私は、「本体の充電池から」であり、「乾電池から」とは書いていません。充電している間は「たまご」同様、手回しっぱなしであり、充電ではなく通話には充電された本体の充電池が使える、という意味なので、伝わりにくかったようですが、間違いではありません。
    とコメントをいただいた。明らかに当方の誤読なので謝罪するとともに訂正させていただきます。大変失礼致しました。

2005年8月25日追記

2005年9月6日追記

2005年9月13日追記

  • アマゾンで買える携帯充電機能付の手回し充電対応ラジオライトとして、DRETEC 手回しケータイ充電ラジオ PR-306BKを追記。パッと見たときのデザインが昔のラジオに近いかも。防水機能はなし。価格は安め。

DRETEC 手回しケータイ充電ラジオ PR-306BK
DRETEC
売り上げランキング: 809


2005年9月21日追記


|

« Mozilla Firefox 1.0.6日本語版リリース | トップページ | ブログが動かす?総選挙 »

「ハードウェア」カテゴリの記事

「モバイル」カテゴリの記事

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

最近は手回し充電対応ラジオライトも数が増えましたね~。なんかかわいいのがいっぱいあるっ(゜ロ゜;ノ)いいな~
私はもう買ってしまったので、選ぶ楽しみを共有できないのが残念です。

中越地震直後に、マルチパワーステーションを買った時はこんなに選択肢はありませんでした。マルチパワーステーションは、ウェブ上で見る分にはデザインも悪くないんですが、やはりちょっと大きいのが難だったかも。充電たまごはちっちゃい上、少しの手回しで、相当長い時間ラジオが聞けたのでよいと思います。東急ハンズには両方置いてありましたよ。

そのうち、バックに入れて持ち歩けるサイズのがでるといいんだけどな~。そしたら喜んでまた買っちゃいます!

投稿: ろば耳 | 2005/08/05 21:02

コメントありがとうございます。

手回し充電たまごが名前でかわいらしさをアピールした分、キュートビートはかわいいデザインを狙ったんでしょうね。重さが260gと手回し充電たまご(250g)とほぼ同様で大きさも幅115×高さ77×奥行55mm(手回し充電たまごは幅117×高さ81×奥行65mm)と片手に乗っかる程度のサイズですから、予備に買っておくというのもあるかもしれません(と購入をせかしてみる(^^;;)。

個人的には携帯の充電が実測でどの程度できるのかが気になりますね。疲れない程度で充電できるといいかな、とは思います。

投稿: Kazabana | 2005/08/06 00:46

TBありがとうございます!
企業におけるコンティンジェンシープランの重要性はもちろんのこと、家庭でのコンティンジェンシープランも早いうちに計画しておかないと、いざというとき困りますよね。

投稿: stress83 | 2005/08/21 05:27

コメントありがとうございます。コンティンジェンシープランって日本語だと「非常時計画」といった訳でよいのでしょうか?確かに家族間で共通の認識が持てているかどうかというのは大きいかもしれませんね。いざというときの対応速度が違ってくるでしょうし。うちもいろいろ見直さないと(^^;;。

投稿: Kazabana | 2005/08/22 21:42

先日はご訪問、ご意見、有難うございました。
防災グッズには正に今右往左往していますが、東芝「キュートビート」君には概ね満足しています。
私も、東急の通販カタログで「手回したまご」を初めて知り、ものすごくグラッときたのですが、「5000円」のラインが微妙でしたので、類似商品をAmazonで検討して、やはり「普段から使っていられる」と、価格を重視しました。(手回したまごは、デザインとネーミングが強いですね。取っ手があるのもいいのですが、これが意外に邪魔だったりするかも)
ストラップは、携帯ストラップと同じ形状、長さですが、引っ掛けて吊るすには何とか間に合うでしょう。どうしても首から提げたい場合や長さが必要なら、市販のネックストラップを使ってもいいし…避難生活をアウトドア生活の一つ、と建設的に考えるなら、長めのストラップや紐が必要ですね。
ちなみに、このキュートビートは、音がブツ・ブツ・ブツと切れ始めたら充電切れのサインです。
「もういいだろっ」というぐらい、1分弱手回しして、忘れた頃(30分ぐらい?)で切れます。
マルチパワーステーションも同じ東急のカタログにあって、かなり惹かれました。ライトの明るさと、立てれば電気スタンドになる、は魅力です。でも、レビューにある通り、大きいのと、普段使う理由がないのがネックですね。
使うかわからないものだからそこそこの価格でいいか?いざという時に命を預けるからケチってはいけないのか?
防災に特化すべきか?普段から使えて「慣れる」を優先するか?
何やら、価値観を問われます(^^;)

投稿: 高野正宗 | 2005/08/24 20:25

高野さんコメントありがとうございます。先日は失礼しました。

手回し充電たまごは以前テレビ東京のワールドビジネスサテライトの「トレンドたまご」というコーナーで紹介されたこともあって、結構あちこちで紹介されましたから、その分知られているというのはありそうです。

WBS 2003年3月7日放送内容:まわして充電
http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/2003/03/07/toretama/tt.html
※リンク先の動画だけでもいい宣伝になってますね。

マルチパワーステーションは「普段は寝床に置いて電気スタンドとして使う」というのが一番よさそうな気もします。が、そうするとACアダプタが必要になるでしょうから、別売りのACアダプタを買い足すことになってしまい、更にお金がかかるのがネックかも。

キュートビートですが、やはりお手ごろ価格で普段使いができるというのが大きなポイントですね。実際、手回し充電たまごよりキュートビートの方がアマゾンのレビュー数も多いですし、普段使いとしての評価もそこそこよいようです。旅行や山登りに持っていく人もいるところをみると、ストラップは携帯用よりデジカメ用のもののほうが重量的に適しているかもしれませんね。

あとは携帯の充電用コードが手動携帯充電器 レスQ隊で採用されている三股コネクタタイプになって、本体内に収納できるようになると完璧でしょうか。三股コネクタなら変換コネクタも要りませんし、本体収納ならいつも持ち歩けますので、コードも無くさないで済みます。

いざというときにコードが無くて充電できなかったらしゃれになりませんから、各社ともこの辺りを改良してもらえるとありがたいですね。

投稿: Kazabana | 2005/08/26 00:54

はじめまして。
防災の日という事で、以前から興味を持っていた、充電ラジオを検索していくうちに、こちらにたどり着きました。
最初、無印の防災グッズでラジオを見かけて、欲しくなったのですが、ラジオ単体でもあるはずだと、探していたら、無印のラジオは東芝のキュートビートらしいとのこと。欲しいなと思っています。
とてもくわしく書かれていて、参考になりました。ありがとうございます。
トラックバックと、自分のブログでもこちらにリンクさせていただいたのですが、もし不都合ありましたら、ご連絡ください。

投稿: キダガラス | 2005/09/01 18:24

キダガラスさん、トラックバックとコメントありがとうございます。

本日は防災の日ということもあって、色々なサイトで防災について取り上げられていますね。この記事は8月上旬に書いた記事ですが、当方の記事経由だけでも結構な数の手回し充電ラジオライトが売れているようです。いままでブログでいろいろな製品を紹介してきましたが、二桁も売れたのは初めてです。防災関連のニュースが多い事もあってか、やはり皆さん気にされているんですね。

Amazon経由でもそうだったのですが、近場の家電量販店でも赤より白のキュートビートが売れているようです。私見ですが、防災用品であることを考えると、火をイメージする赤よりは心の落ち着く水色や緑の方がいいのかもしれません。

投稿: Kazabana | 2005/09/01 22:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6679/5297602

この記事へのトラックバック一覧です: アマゾンの防災コーナーで買える、携帯充電機能付の手回し充電対応ラジオライト。:

» 地震に備え、救急ラジオ。東芝TY-JR10 [「モノ」が好き!]
昨日も九州地方で地震がありました。ほんとうにお見舞い申し上げます。 それで思い出したのですが、私も東京での地震に備え少しでもと思い準備をしています。 先日も不穏な記事がサンスポに載っていました。 サンスポの記事 ー東京からアナゴが居なくなった!? 準備... [続きを読む]

受信: 2005/08/06 14:36

» 地震多いですね。だからたまごを買いました。 [ストマネ☆こころのストレスマネージャー]
こんにちは。 最近、地震多いですよね。 地震に遭われた方、心よりお見舞い申し上げます。 かつて阪神大震災で怖い思いをした私にとって地震はひとごとではありません。 TVでは、専門家の先生が、 「いつ大地震が起こってもおかしくない状態」 などとおっしゃっていますが..... [続きを読む]

受信: 2005/08/19 12:48

» 備えあれば憂い無し。 [キダガラス?]
今日は防災の日。 世界各地で天災が起こっていて、地球が怒っているんだと感じます。 アメリカのタイフーン「カトリーナ」の被害を昨晩ニュースで見ました。日本国内でもでもひっきりなしに届く、台風や地震のニュース。他人事ではないですね。テレビやラジオでも防災セット..... [続きを読む]

受信: 2005/09/01 18:11

» 防災習慣を身に付けたい人に。 [データバックアップメモ - extended -]
トラックバック野郎の記事からたどって来た人も多いと思うが、防災関係の本でよいと思われるものを発見したので記事にしておく。前回の防災関連の記事では書籍としてワールドムック マグニチュード手帳 改訂版を紹介したが、マグニチュード手帳はどちらかというと物の情報が中心の本である。 今回読んだ「大震災これなら生き残れる―家族と自分を守る防災マニュアル」は防災アドバイザーの方が書かれただけあって、その内容も非常に実践的。 「地震のときに机の下に隠れるのは間違いである」といった、普段私達が考えている地震対策の... [続きを読む]

受信: 2005/09/13 19:41

» 「info@~」で始まる迷惑メールへの対処法 in @nifty [データバックアップメモ - extended -]
以前書いた記事でも言及しているが、迷惑メール対策として@niftyが提供している「迷惑メールフォルダー」という迷惑メール対策サービスを使っている。この迷惑メール対策サービス、以前は日本語の迷惑メールに対して無力だったのだが、6月に@niftyが追加したSymantec Brightmail AntiSpamのおかげで日本語迷惑メールに対しても機能するようになった。ところが、8月になって増えだした「From:info@~」で始まる日本語の迷惑メールはBrightmail AntiSpamの基本フィ... [続きを読む]

受信: 2005/09/23 15:59

» ますます増加する、Amazonで買える手回し充電ラジオライト。 [データバックアップメモ - extended -]
以前、手回し充電ラジオライトについて記事を書いたが、その後色々と機種が増加しているようだ。Amazonでも購入できる機種がかなり増えているようなのであらためてまとめてみた。 傾向としては、防滴タイプが増えたことが挙げられるだろう。以前は防滴タイプは東芝のキュートビートとヤマタニのダイナモ防滴トーチラジオ "D"ぐらいだったが、その後5機種ほど防滴対応機種が発売されている。また、防滴対応機種以外にも取り扱い機種は増加しているので、選択肢の数という点では大分状況が変わってきている。ただ、相変わらず大... [続きを読む]

受信: 2006/02/20 23:39

« Mozilla Firefox 1.0.6日本語版リリース | トップページ | ブログが動かす?総選挙 »