« パソコンの外に広がり始めるSkype | トップページ | WYSIWYG型という便利さがもたらす罠。 »

コンテンツマッチ型のRSS広告に必要なもの

ネットエイジがコンテンツマッチ型のRSS広告を開始するらしいのだが、素人なりに一つ疑問が。

広告をRSSフィードに埋め込むのはいいとして、RSSフィードのどこからどこまでが広告なのだろうか?RSSリーダなどが広告を判別できる仕組みは用意しているのだろうか?要はRSSには<広告>を示すためのモジュールによる拡張は用意されているの?という事なのだが。

用意していないのであれば、RSS検索サイトの検索結果はあっという間に広告だらけのRSSフィードで埋め尽くされてしまうことになると思うのだが、どうなんだろうか?メールマガジンのように、スパムメールの中に埋もれてしまって読まれなくなる事態は広告主も避けたいと思うはず。それこそSonexBlog: RSSフィードに広告を差し込め!で指摘されているように、

逆に、RSSフィードに差し込まれる広告をブロックする、という機能を持つRSSリーダーもそのうち出現するかもしれませんが・・・。

なんてことになるかもしれないのだから。

RSSでのモジュールによる拡張については、写真ではPheedというものが存在するらしい。

C O U L D:写真家用のRSS
RSS ベースな写真用 Syndication フォーマット、"Pheed" : NDO::Weblog

Pheedが写真を示すように<広告>にも同様の物があれば、広告自体にもっといろいろな価値を与えられるようになるのではないかと思う。

たくさんのサイトに網羅している情報をPheedのように一括して管理出来るひとつの方法としてRSSはこれからも注目かもしれませんね。

RSSに差し込まれた広告からその広告に関連するblogの一覧に飛べるようにする、なんてのもその一つだろう。

あと、最近のハードディスクレコーダーなどでは番組表のよこに広告が表示されていたりするが、RSSリーダーでもあれに近いことが出来るようになるはず。記事を表示する部分と広告を表示する部分を分けることで、記事部分と広告部分を同時に表示する、なんてことも可能になるだろうし、それこそOperaの無料版の広告表示のようにブラウザの一部分にRSSフィード経由の広告を表示する、なんてこともできるだろう。

いろいろとやれる事はあるように思うのだが、どうなんだろうか。

参考:
ネットエイジの西川社長のブログ:情熱起業列島 ~西川潔が起業を語る~
@Press | ネットエイジ、「RSSコンテンツマッチ広告」を開始

|

« パソコンの外に広がり始めるSkype | トップページ | WYSIWYG型という便利さがもたらす罠。 »

「ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

「ソフトウェア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6679/3594701

この記事へのトラックバック一覧です: コンテンツマッチ型のRSS広告に必要なもの:

« パソコンの外に広がり始めるSkype | トップページ | WYSIWYG型という便利さがもたらす罠。 »