« Rakucopyと同等の機能をFirefoxの右クリックメニューで使えるようにするコンテキストメニュー拡張用スクリプト | トップページ | CANONのインクジェット複合機の値段は底値になっている? »

読売の社説はナベツネ氏に対する誉め殺しか?

週刊!木村剛で読売新聞の社説の暴走ぶりが取り上げられている。

件の記事を読んで思ったのは、「ナベツネ氏に対する誉め殺し」を間接的に行ったのではないかということだ。プロ野球ファンの読者に対してあそこまで見事な反感を買うような記事を書くことはそれなりに目的意識がなければ書けるものではない。まともな神経が少しでもある記者ならば、読者の反感を買わないように多少の手直しをした上で出す代物であろう。そのまま出せばごらんの通りの評価だったわけだから。

それをあえてしていないところを見ると、読売の社内も既に一枚岩ではないのではと邪推するのだが、果たして実際にはどうなのだろうか?社内にナベツネ氏を降ろそうと画策する人間がいても何の不思議も無いように思えるし、外部からの圧力によって降ろされる分には自然であろう。おそらく記事を書いた人間の社内的立場も悪くはならないだろう。あくまでも表面的には社の方針に従ったに過ぎないからだ。

仮にナベツネ氏が降りた後にそういった動きが表面化したとしても、プロ野球ファンの共感は得られるだろうからさほど己の身を心配する必要も無い。ただし、あまりにも態度を翻すやり方には「コウモリ」と呼ばれることにも繋がりかねないリスクが存在するのだけど。

もしかしたら件の記事を書いた記者はバットマンにでもなりたいのかもしれない。そういえば今度の新作映画で悪役を演じるのは渡辺健である。これも何かの縁であろう。ナベツネ氏に負けない悪役ぶりを期待したいものである。

果たして読売にはバットマンが存在するのか、そしてこの話の結末は?

|

« Rakucopyと同等の機能をFirefoxの右クリックメニューで使えるようにするコンテキストメニュー拡張用スクリプト | トップページ | CANONのインクジェット複合機の値段は底値になっている? »

「スポーツ」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6679/1490334

この記事へのトラックバック一覧です: 読売の社説はナベツネ氏に対する誉め殺しか?:

« Rakucopyと同等の機能をFirefoxの右クリックメニューで使えるようにするコンテキストメニュー拡張用スクリプト | トップページ | CANONのインクジェット複合機の値段は底値になっている? »