« 「地球シミュレータ」には経済学からの研究の応募がないらしい | トップページ | 「LAN接続でデュアルディスプレイ」のMaxiVista、日本語版が発売 »

ボタン一つでバックアップできるハードディスク

以前の記事でも触れたが、ボタン一つでバックアップできるハードディスクがあったら、結構簡単にバックアップを取れるのではないかと思ったことはないだろうか。実はそんなハードディスクが存在する。

Maxtor社のOneTouchシリーズがそれ。Maxtor社とアイ・オー・データ社によるダブルブランド版のHDOTシリーズも出ており、こちらはサポートをアイ・オー・データ社が担当する。

Amazon.co.jp: エレクトロニクス: I-O DATA HDOT-U120 Maxtor OneTouchドライブ 120GB
HDOT-U120:120GB/USB2.0接続(Amazon.co.jpで購入)
HDOT-U160:160GB/USB2.0接続(Amazon.co.jpで購入)
HDOT-U250:250GB/USB2.0接続(Amazon.co.jpで購入)
HDOT-UE160:160GB/FireWireおよびUSB2.0接続(Amazon.co.jpで購入)
HDOT-UE250:250GB/FireWireおよびUSB2.0接続(Amazon.co.jpで購入)

※なお、現在Amazonではデジタル機器を対象にAmazonギフト券による「最大15%還元」のキャンペーンを行っている。

バックアップソフトにはDantz社のRetrospect Expressが付属している。

ITmediaの各記事(記事1記事2記事3)を見ると分かるが、非常に使い勝手が簡単になっているので、すぐにバックアップを取ることができる。

付属のバックアップソフトを利用した全自動化した状態でのバックアップも可能になっているが、やはりハードディスク上のボタンを使うのが分かりやすい。

なによりも重要なのは、「ボタンを押す」という行動をユーザーにさせることで、ユーザーが「バックアップを取っている」という意識を明確に持つことができることだろう。全自動"だけ"ではバックアップを取っていることを意識しなくなってしまう。だが、手動ですぐにバックアップが取れる機種には「普段から利用している」という意識を高める効果がある。そして「ボタン一つで」は家電的な発想そのものであり、バックアップに対する知識があまりないユーザーでも苦手意識を持たずに使えると感じられるインターフェースでもある。

「ボタン一つでバックアップ」というのは、バックアップツールが家電的な使い方に近づく第一歩なのかもしれない。

|

« 「地球シミュレータ」には経済学からの研究の応募がないらしい | トップページ | 「LAN接続でデュアルディスプレイ」のMaxiVista、日本語版が発売 »

「ソフトウェア」カテゴリの記事

「ハードウェア」カテゴリの記事

「バックアップ」カテゴリの記事

「ユーザビリティ・アクセシビリティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6679/908141

この記事へのトラックバック一覧です: ボタン一つでバックアップできるハードディスク:

» ボタンを押すだけでバックアップ/復元ができる2.5インチHDD外付ケース [データバックアップメモ - extended -]
雅版雑記(仮)の記事によると、ボタンを押すだけでバックアップ/復元ができるハードディスク外付ケースがセンチュリーから発売されたらしい。 以前の記事でもアイ・オー... [続きを読む]

受信: 2004/08/14 10:53

« 「地球シミュレータ」には経済学からの研究の応募がないらしい | トップページ | 「LAN接続でデュアルディスプレイ」のMaxiVista、日本語版が発売 »