« ココログ過去記事編集用bookmarklet | トップページ | ボタン一つでバックアップできるハードディスク »

「地球シミュレータ」には経済学からの研究の応募がないらしい

Show's Hot Corner: 乳の詫び状(2004/07/19) 標題: Lispミーハー猿 より。

 世界的施設といえば、飲み会で話をさせていただいて知ったのだが、湯淺先生は現在ダントツの世界最高性能を誇るスーパーコンピュータ「地球シミュレータ」の研究の審査もやってらっしゃるそうで、コンピュータサイエンスからの応募がなくて弱ったなあと思ってらっしゃるそうだ。地球シミュレータに関しては、
http://www.es.jamstec.go.jp/esc/jp/
地球シミュレータ
をどうぞ。
 コンピュータサイエンスから応募がない原因は、地球シミュレータを使うためには、横須賀のセンターまで行かないといけないことだそうだ。地球シミュレータは、ハッキングや情報流失を防ぐために、外部ネットワークにはつながってないんだと。したがって、外部からリモートログインして使うというわけにはいかない。
 地球シミュレータほどの性能は出なくても、PCとLinuxのマシンをたくさん並べればそこらの研究では使えるそこそこの計算パワーが得られる時代だから、横須賀まで足を運ぶことが面倒臭がられているらしい。
 ところで、おれ、日本に世界最高のスーパーマシンがあるので、どういう研究が応募してるかを調べたことがあって、経済学のシミュレーションがなかったのね。
 ちょうど去年の秋ごろか、スティグリッツ経済学を読んで経済学勝手に独学していたころで、経済学そのものは科学的にはまだまだ未成熟だなと思っていた。中でも日本の経済学者やエコノミストと称する連中は、レベルが低いと感じていたころだったので、経済学からの応募がないのは、日本の経済学の知的怠慢のせいだろうと思った。やっぱ日本の経済学はだめだなと。
 しかし、ひょっとしてひょっとしたら、横須賀まで行く面倒がネックで応募しなかったのかと思わぬでもない。とはいっても、経済学のモデルが地球シミュレータをぶん回して悲鳴を上げさせるほどには緻密になっておらず、Excel程度で間に合うような粗いモデルしか作れていないのが主たる原因だろうという思いは、依然強いのだが。
 ほんと日本の経済学者は、地球シミュレータが「これで勘弁してください」と土下座するくらいのシミュレーションをやってほしいよと思う。せっかく、アメリカが恐れている世界最高性能マシンがあるのにね。

これが本当ならもったいない話である。週刊木村剛の木村氏が公的年金タスクフォースなるものを発足させたらしいが、公的年金タスクフォースで行うデータ分析や年金シミュレーション用に応募してみたら?と素人ながらも思ったりしたが、どうだろうか。経済学からの応募がないなら実経済の計算に使っても罰はあたらないと思うのだが。それとも純粋な学問じゃないとダメなのだろうか。

|

« ココログ過去記事編集用bookmarklet | トップページ | ボタン一つでバックアップできるハードディスク »

「学問・資格」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6679/1009280

この記事へのトラックバック一覧です: 「地球シミュレータ」には経済学からの研究の応募がないらしい:

« ココログ過去記事編集用bookmarklet | トップページ | ボタン一つでバックアップできるハードディスク »