« ナローバンド環境のLANでWindowsUpdateを効率的に行う方法 | トップページ | Infoperience - 嫌われない評価レポートの書き方 »

大人の?になれない「Vaio type U」

F's Garage:Vaio type Uってどうですか?より、新型Vaio type Uについて。

とりあえず予約登録だけはしてみたが、シグマリオンIII愛用者としては志向があわないところ。最近は軽量のWindowsXPも良いなぁと、この機種に期待していたのだが、キーボードの改善こそ重要視したかったので。 キーボードをなくしたのは既存のVaioUがキーボードを使わなかったというマーケティングを元にしたらしいが、それは「使えなかった」の間違いでなく?!

「使えなかった」の間違いかどうかはともかく、あのサイズのマシンを持ち歩く人はデータビューワー的な使い方をすることが多いでしょうから、本体とキーボードを分けてしまうというのはある意味いいのかもしれません。ただ、単なる折りたたみキーボードだと「机の上において繋ぐ」という作業が必要になるわけですから、立ったままあるいは電車の座席で文書作成を行う、といった用途での利用はまず無理です。単なる折りたたみキーボードが「出先でちょっと文書作成」という用途には向かないのは確かでしょうから、今までのユーザーのうち文書作成に使っていた人は購入を躊躇するでしょうね。Vaio type Uとはいっても以前のモデルとは対象ユーザーの傾向が違うのは間違いないでしょう。

個人的にはキーボードをスライド式収納で本体裏に隠すようになっていたほうが良かったのではないかと思います。スライド式収納にしておけば普段はビューワー的な使い方で使えますし、文書作成時に机を探さなくても済みます。
で、キーボードを引き出すと「バタフライキーボード」のごとくキーボードの幅が広がる、なんてギミックがあったら楽しいし、何より幅が広く取れるので打ちやすい。

しかしこの形状、かなり昔に任天堂が出していたゲームウォッチに見えてしまうのは私だけでしょうか。知らない人が見たらゲーム機にしか見えないような……。大人のツールになるには何かが足りない気がします。

追記:B-log Cabin TP:衝撃的な超小型 Mobile Note PC、VAIO type U 登場のコメントを見ていると「PC 然としていて小さくてもまだためらいがある」機種よりVAIO type Uのほうがいい、という意見もあるので、やはり対象ユーザーを変えてきた効果もあるようですね。でも、VAIO type Uは「ノートPC」とはいえない形状じゃありません?それがいいのかもしれませんが。

|

« ナローバンド環境のLANでWindowsUpdateを効率的に行う方法 | トップページ | Infoperience - 嫌われない評価レポートの書き方 »

「ハードウェア」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「モバイル」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。TB 有り難うございます。

うーん、確かに。ノートPCというより、ミニタブレットPC、という新ジャンルかもしれないですね。MSのタブレット PC規格と全く別に独自に作り上げるところが、ソニーらしいです。

手書き入力でどの程度使えるのか、期待している部分もあります。

私は Sigmarion III も Vaio U3 も使っていましたが、キーボード幅はちょっと入力につらいものがあったので、折りたたみでストロークが浅そうではありますが、より幅の広い type U のキーボードには多少の期待を寄せて居ります。

投稿: minami | 2004/05/12 23:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6679/574146

この記事へのトラックバック一覧です: 大人の?になれない「Vaio type U」:

« ナローバンド環境のLANでWindowsUpdateを効率的に行う方法 | トップページ | Infoperience - 嫌われない評価レポートの書き方 »